各種許認可・英文翻訳・入国管理

自動車登録・車庫証明

  • HOME »
  • 自動車登録・車庫証明
車庫証明取得代行 10,000円 (消費税別)

車庫証明を自分で取得することが面倒な方
(ご自分で申請すると2度、警察署に行く必要があります)

車庫証明(自動車保管場所証明)取得代行

車庫証明書は、正式には自動車保管場所証明書といい、自動車の保管場所があることを証明する書類です。
自動車を購入し、ご自身の車として登録する(ナンバーを取得する)際に必要で、新車・中古車どちらでも必要です。
また車両を購入した時だけでなく、車の所有者を変更した際、住所や所在地などを変更した際にも車庫証明の申請は必要になります。
保管場所手続とは、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に基づき行う各種手続をいいます。

車庫証明の申請方法

申請先 保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署 申請書を交通課の「車庫証明窓口」に提出
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで (土曜日、日曜日、祝日、年末年始12月29日から1月3日までを除く)

申請に必要な書類

自動車保管場所証明申請書 保管場所申請のための書類
購入する車の情報と、保管場所について記入します。メーカー名、型式、車体番号、車の大きさをセンチメートル単位で記載します。
保管場所標章交付申請書 標章(ステッカー)交付のための申請書類、書く内容は自動車保管場所証明申請書とほぼ同じです。
保管場所の所在図・配置図 これは書類が左右に分かれていて、左側に保管場所の位置(所在図)を、右側に保管場所の配置(配置図)を記載します。
(所在図)
当該保管場所付近道路及び建物等、主たる目標となる地物並びに方向を示し、使用本拠地と保管場所の距離を明記。〔地図の写しでも可、直線距離2km以内
(配置図)
保管場所・その周辺の建物・空地・道路及びその幅員ならびに保管場所入り口等を表示したもの
保管する駐車場の大きさ、入り口の広さなどを記載します。例えば保管場所が共有の駐車場の場合、どのくらいの幅の駐車場で、何番目の場所に保管する、という内容です。配置図の場合は、駐車場の出入り口の幅、近辺道路の幅等も記載します。機械式駐車場のように高さ制限が厳しい駐車場の場合は、その制限も記載しましょう。
土地使用に関する権利関係を証する書面 保管場所である土地または建物をだれが使用するか明らかにした書類
●自己所有地の場合・・・保管場所使用権限疎明書面(自認書)
●他人所有地の場合・・・保管場所使用承諾証明書
使用の本拠の位置が確認できる書類 印鑑証明書、住民票、運転免許証、公共料金の領収書、郵便物等
申請手数料 2,100円

自動車保管場所証明申請書の記載

2枚で1組(複写式)の書類です。(警察署等で入手できます)
黒色のボールペン又は黒色のスタンプで明瞭に記載します。
記載事項に誤りがあった場合は、新たな申請になることがあります。

車名 例えば、トヨタ・カローラの場合「トヨタ」と書きます。
型式 (新車を取得する場合・ナンバーがついていない場合)
自動車販売業者に確認
(中古車を取得する場合・ナンバーがついている場合)
自動車検査証の内容と同じ
車台番号
自動車の大きさ(長さ・幅・高さ) センチメートル単位で、右に詰めて記入し、ミリ単位は切り捨てます。
自動車の使用の本拠の位置 (個人の場合)
実際に居住する場所の所在地を記入します。通常は、住民票の住所と同じです。
(法人の場合)
実際に営業を行う事業所の所在地を記入します。(本社・支社等の所在地)
自動車の保管場所の位置 駐車場の所在地と車庫の特定番号を記入します。
保管場所標章番号 次のいずれにも該当する場合は、申請書に旧自動車の保管場所標章番号を記載することにより、所在図のみ記載(添付)を省略することができます。
・自動車買い替え時等の自動車の入れ替えである
・使用の本拠の位置と車庫の位置のいずれも旧自動車と変更がない
・申請の時点で旧自動車を保有している
申請者欄 警察署窓口に書類を提出する人物ではなく、自動車の使用者となる方の住所氏名を記入します。
(個人の場合)
住民票又は印鑑証明書の住所と氏名を記入します。署名することによって、押印を省略できます。
(法人の場合)
登記簿又は印鑑証明書に記載されている所在地・法人名を書き、法人の代表者名を併記の上、押印します。
法人の場合は、押印を省略することはできません。
印鑑は、法人として通常使用する印鑑を押印します。
使用者権限
(自己・他人・共有)
申請する車庫の「所有者」に〇印をつけます。
(申請者所有の場合)
自己に〇印をつけ、「自認書」を添付します。
(他人所有の場合)
他人に〇印をつけ、下記書面のうちいずれか一通を添付します。
①保管場所契約書の写し
②駐車場料金領収書(契約書のない時)等
③保管場所使用承諾証明書
(共有地の場合)
共有に〇印をつけ、共有者全員の使用承諾書を添付します。
連絡欄 申請内容について確認できる連絡先(氏名・電話番号)を記入します。
新規・代替欄 申請する車庫の状況について新規・代替のいずれかに〇をつけます。
(新規)
初めて使う車庫で、まだ証明書の交付を受けていない場合
(代替)
今まで使っていた車庫で、既に証明書の交付を受けている場合

保管場所標章交付申請書の記載

「自動車保管場所証明書」又は、「自動車保管場所届出書」を提出する場合、同時に提出する書面です。
警察署で配布されている複写式書類の二枚目です。

申請年月日欄 「自動車保管場所証明書申請」に伴う保管場所標章交付申請書には、「年月日」を記載しないで、警察窓口に提出します。
保管場所証明書を受領するときにその日付を記入します。

保管場所所在図・配置図

「自動車の使用の本拠の位置」と「自動車の保管場所の位置」が同一の場合、「所在図」の記載を省略できます。
配置図はいかなる場合も記載を省略できません。

所在図記載欄
(省略できる場合があります)
使用の本拠の位置(自宅・事業所等)と車庫の位置との間を直線で結び、その距離を記載します。
目標となる建物を記入します。(駅など)
付近の道路を記入します。
配置図記入欄
(省略はできません)
自宅の場合は、敷地を記載し、車庫を明示します。
車庫は奥行き、幅の平面の寸法を記入します。
高さ制限のある駐車場については高さも記入します。
周囲の建物を記入します。
道路の幅員を記入します。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)の記載

車庫が、自己所有の場合に作成します。

証明申請 自動車を運輸支局に登録する場合に必要となる自動車保管場所証明申請のことです。
届出 「軽自動車」を新たに取得した場合又は車庫証明書の交付を得た車庫及び届出済みの車庫を、更に変更した場合に行う自動車保管場所届出のことです。
記入上の注意事項 ①保管場所である土地・建物の両方が自己所有の場合は、「土地」「建物」の両方に〇印をします。
②保管場所である土地が自己所有の場合は「土地」に〇印をします。
③保管場所である車庫が、建物と一体となって築造(建物の上下を含む)され、かつ、築造された車庫が自己所有の場合は、「建物」に〇印をする。
➃共有の場合は、「自認書」の他に、他の共有者全員の承諾書を添付する必要があります。

保管場所使用承諾証明書の記載

車庫が、他人所有の場合に作成します。

保管場所の位置等 自動車保管場所証明申請の申請者欄又は自動車保管場所届出書の届出者欄に記載した内容と同じです。
使用者と契約者との関係 両者が同じ場合、保管場所契約者の欄は「上記に同じ」と記載します。
両者が異なる場合、車庫の所有者又は委託を受けた管理者の承諾を受け、該当する番号に〇印をします。
「3 その他」を選択する場合は、3に〇印をすると共に、両者の関係を併記してください。「会社と社員」「親と子」「夫と妻など」
保管場所の使用期間 通常、車庫の契約期間と一致します。
承諾者 正当な承諾権者(駐車場の所有者又は委託を受けた駐車場の管理者)の記名又は署名と押印が必要です。

車庫証明書受領

申請から3から7日後、受取りのために改めて警察に行きます。
申請の際にもらった納入通知書兼領収書を窓口に提示します。
また、標章交付手数料として500円が必要です。申請時と同様に収入証紙の購入をする場合もあります。

自動車保管場所証明書(車庫証明書) 自動車の登録に必要な書類です。自動車の登録のため運輸支局へ提出する書類です。
保管場所標章番号通知書 車検証などと一緒に保管しておきましょう。
保管場所標章 車のリアガラスに張るステッカーです。

適用除外地域(東京都内)

自動車 桧原村、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村
軽自動車 福生市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、大島町、八丈島町、桧原村、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村

警察署管轄(東京都23区)

千代田区 麹町警察署、万世橋警察署、神田警察署、丸の内警察署
中央区 築地警察署、月島警察署、中央警察署、久松警察署
港区 赤坂警察署、麻布警察署、愛宕警察署、三田警察署、高輪警察署、東京湾岸警察署
新宿区 四谷警察署、牛込警察署、新宿警察署、戸塚警察署、中野警察署
文京区 大塚警察署、富坂警察署、駒込警察署、本富士警察署、巣鴨警察署
台東区 上野警察署、浅草警察署、蔵前警察署、下谷警察署
墨田区 本所警察署、向島警察署
江東区 東京湾岸警察署、深川警察署、城東警察署
品川区 大崎警察署、荏原警察署、大井警察署、品川警察署、東京湾岸警察署
目黒区 目黒警察署、碑文谷警察署、田園調布警察署、世田谷警察署
大田区 池上警察署、蒲田警察署、田園調布警察署、玉川警察署、東京湾岸警察署、大森警察署
世田谷区 北沢警察署、世田谷警察署、成城警察署、玉川警察署
渋谷区 代々木警察署、渋谷警察署、原宿警察署
中野区 中野警察署、野方警察署、練馬警察署、戸塚警察署
杉並区 杉並警察署、高井戸警察署、荻窪警察署
豊島区 池袋警察署、目白警察署、巣鴨警察署
北区 赤羽警察署、王子警察署、滝野川警察署
荒川区 荒川警察署、尾久警察署、南千住警察署
板橋区 志村警察署、高島平警察署、板橋警察署
練馬区 練馬警察署、光が丘警察署、石神井警察署
足立区 綾瀬警察署、竹の塚警察署、西新井警察署、千住警察署
葛飾区 葛飾警察署、亀有警察署
江戸川区 小松川警察署、葛西警察署、小岩警察署麹町警察署、万世橋築地警察署、月島警察署、中央警察署、久松警察署

軽自動車の車庫証明

軽自動車は保管場所届出(車庫届出)が必要となります。軽自動車は普通自動車と異なり、名義変更・住所変更いずれの手続きの際にも、窓口である軽自動車検査協会に車庫証明を提出する必要はありません。車庫証明書を車の登録申請の際に添付するのではなく、車の登録手続き終了後に警察署に届け出ることになります。

自動車登録

マイカーや社用車の購入・保有の際に、ナンバー変更・名義変更等の自動車登録申請がが必要になります。

普通車

移転登録申請(名義変更) 所有者の名義を変更した場合
変更登録申請 氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合
抹消登録申請 車の一時使用中止・解体・廃車した場合
新規登録 ナンバーのない車を登録する場合
再交付 車検証・ナンバー紛失した場合

東京都の運輸局管轄

ナンバー 管轄区域
足立 台東区、江東区、墨田区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区
練馬 新宿区、文京区、中野区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区
品川 品川区、中央区、千代田区、港区、大田区、渋谷区、目黒区、世田谷区
八王子 八王子市、羽村市、福生市、日野市、あきる野市、青梅市、西多摩郡
多摩 昭島市、稲城市、清瀬市、久留米市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、国立市、西東京市、立川市、調布市、多摩市、東村山市、東大和市、東久留米市、府中市、町田市、武蔵野市、武蔵村山市

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3868-3305


PAGETOP
Copyright © Yutaka Yokoyama All Rights Reserved.