2020年3月26日に、インバウンド行政書士事務所は、出入国在留管理庁長官より登録申請機関に登録されましたので、ご報告いたします。

登録支援機関とは、特定技能所属機関(受け入れ機関、雇用する企業)との契約により委託を受けて、1号特定技能外国人に対して,日本での活動を安定的かつ円滑に行うことができるようにするための職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援(「1号特定技能外国人支援」)の全部の実施の業務を行う法人又は個人であって、出入国在留管理庁へ申請し、出入国在留管理庁長官の「登録」を受けた者をいいます。

登録支援機関は、1号特定技能ビザ(在留資格)を持つ外国人労働者を雇用する会社などに代わって、職業生活上、日常生活上、社会生活上のそれぞれの支援を行います。

具体的には以下のようなことができます。

  1. 出国前に日本での注意事項の情報提供
  2. 空港までの出向え
  3. 入国後に生活関係全般の情報提供
  4. 住居を借りるためのお手伝いや賃貸借契約の保証人となること
  5. 銀行口座開設、携帯電話契約のお手伝い
  6. 役所関係の届け出のお手伝い
  7. 日本語学習の機会の提供
  8. 相談、苦情の窓口確保
  9. 日本人との交流促進
  10. 支援責任者や支援担当者と定期的な面談実施
  11. 面談で法令違反を知った場合の行政機関への通報
  12. 会社都合による解雇では、新しい就職先を見つけるまでのお手伝い
  13. 外国人が帰国する際には、空港までの見送り